ガルベラの香港進出サポート

【東京】東京都港区虎ノ門3-18-16
【大阪】大阪市西区立売堀1-2-12
【福岡】福岡市中央区天神2-14-2
【香港】RM25,L1 MirrorTower,61 Mody Road,Tsim Sha Tsui, Kowloon

【受付時間】平日9:00~18:00

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください
東京:03-5405-2815
大阪:06-6535-8829
福岡:092-781-2131

代表者ごあいさつ

代表者ごあいさつ

ごあいさつ

このたびは、数あるサイトのなかから、弊社サイトを発見していただき、まことにありがとうございます。

弊社は、香港進出に際して、その進出のメリット・デメリットや、税制面、法性面の詳しい情報を、たくさんの経験とともに蓄積して今日にいたっております。

また、弊社は東京と大阪に事務所を開設している税理士事務所と社会保険労務士事務所を母体としたコンサルティング事務所で、かつ、香港だけでなく、中国本土、シンガポール、ベトナム、タイにも事務所を開設し、日本企業の海外進出をサポートしておりますので、日本側の事情にも、あるいはほかの国の事情にも明るいのが特徴です。

最近では、製造業が労務コストを抑えるために海外に進出しているだけでなく、貿易、卸売、小売、そして飲食その他のサービス業がどんどん海外に進出しておられます。

アジアでのサービス展開や多店舗展開の本部として、あるいは海外での資金調達やM&Aの統括拠点として香港に進出するケースでは、最初はペーパーカンパニーを設立しておいて、あとからオフィスを賃借したり、人員を雇用したりすることもよく行われている方法です。

あるいは、海外での外貨投資や外国生命保険への加入のために「非居住者」である香港法人を活用するケースも増えています。その場合は、弊社が国家資格者の専門家であることの信用を背景に、香港で活躍する投資会社をご紹介させていただいております。

そして、香港を経由して中国やベトナムなどほかの国に進出する場合は、香港に中間法人をおくメリット・デメリットを税制面やCEPAなどの貿易面・優遇面で、しっかりと認識いただいたうえで香港法人を設立いただくようお願いしています。

日本において、東京の会社が大阪に子会社を設立するような感覚で、簡単に、しかもリーズナブルに香港に進出できるようワンストップでサポートさせていただくことが、当社の役割と考えております。ぜひ、当社担当者とのご面談をお申し込みいただければ幸いです。

最後になりましたが、長文をご覧いただき、ありがとうございました。また、弊社サイトへののアクセスをありがとうございました。

御社の香港進出とその後のご成功を心よりお祈り申し上げます。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

東京:03-5405-2815

大阪:06-6535-8829

福岡:092-781-2131

<受付時間>平日9:00~18:00