ガルベラの香港進出サポート

【東京】東京都港区虎ノ門3-18-16
【大阪】大阪市西区立売堀1-2-12
【福岡】福岡市中央区天神2-14-2
【香港】RM25,L1 MirrorTower,61 Mody Road,Tsim Sha Tsui, Kowloon

【受付時間】平日9:00~18:00

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください
東京:03-5405-2815
大阪:06-6535-8829
福岡:092-781-2131

香港のビジネス環境

香港のビジネス環境が優れている理由

いま、香港に世界中から注目が集まっています。アジアのなかでは最も税率が低いことで知られる香港。

 中国や欧米からの投資も増える一方で、不動産は更に高くなっています。

 そんな香港ですが、いろんなデータを引っ張ってきて、その優位性について分析をしてみたいと思います。貴社のビジネスに役立つ情報を掲載してまいりますので、もしなにか不足の点がありましたら、なんなりとご要望をお聞かせください!

法人税率がアジアで最も低い!

法人税率は16.5%と、アジアのなかではダントツの優位性があります。ちなみによく比較されるシンガポールの税率は現在17%です。とはいえ、日本ではタックスヘイブン税制というものがあり、20%未満の低税率国に法人を設立した場合、ペーパーカンパニーだけだと日本本社と合算して課税されてしまいます。(つまり、香港でどれだけ利益を出しても、日本の税率が適用されてしまいます。)そのため、税金対策のために香港法人を設立する場合は、事前の検討が必要となります。

キャピタルゲインに対して非課税

香港では法人の株式を譲渡しても、含み益に対して税金がかかりません。日本では法人株式を外国居住者(法人を含む)に譲渡する際に出国税を課されることになります。

物流ハブが整っている!

物流ハブとしての存在感はアジア隋一。上海が追い上げているものの、中国華南地区(広州、東莞、深圳)への好アクセスのほか、ベトナムや東南アジア方面へも非常に往来が便利といえます。

為替リスクを抑えられる

香港ではドルペッグ制(USドルに対して固定レート)を採用しており、香港ドルはUSドルに対して連動しています。ドルペッグ制を採用するには、発行する香港ドルと同額のUSドルを中央銀行が保管する必要があります。香港では現在、香港上海銀行、スタンダードチャータード銀行、中国銀行の3つの銀行が香港ドルを発行していますが、香港では外貨の蓄積はマネーサプライの約10倍にのぼるとされ、その事実が担保として機能し、通貨の安定性が保たれています。

中国リスクとの隔離が可能

中国法人の株主を変更する場合、たとえ株主が海外にいて中国で非居住者であっても、中国で課税されてしまいます。そのため、株主と中国法人との間に香港法人を置く(つまり、香港法人を中国法人の株主とする)ことにより、単に中国法人の株式を売買するのではなく、その株主である香港法人を売買することで課税を免れるという方法が採用できます。

CEPA協定により優遇政策あり

たとえば中国法人から日本法人に配当をする場合は10%の源泉所得税が課されるのに対して、香港法人であれば5%の源泉所得税となります。香港法人が中国法人を設立する場合は、たとえば外資企業の資本規制のある業種(人材紹介など)でも100%子会社とすることができます。その他、さまざまな関税優遇政策が用意されています。

ガルベラ・パートナーズ香港のサービスメニュー

香港法人の設立サポート

香港の現地法人や支店、駐在員事務所の設立業務についてご案内しております。

香港法人の会計サポート

香港法人の記帳・税務・会計サポートについてご案内しております。

香港法人の労務サポート

香港法人の労務・雇用契約書・就業規則作成サポートについてご案内しております。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

東京:03-5405-2815

大阪:06-6535-8829

福岡:092-781-2131

<受付時間>平日9:00~18:00