ガルベラの香港進出サポート

【東京】東京都港区虎ノ門3-18-16
【大阪】大阪市西区立売堀1-2-12
【福岡】福岡市中央区天神2-14-2
【香港】RM25,L1 MirrorTower,61 Mody Road,Tsim Sha Tsui, Kowloon

【受付時間】平日9:00~18:00

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください
東京:03-5405-2815
大阪:06-6535-8829
福岡:092-781-2131

トップページ

香港進出・ビジネスサポートなら
『ガルベラ・パートナーズ香港』へ!

代表の吉住です。

このたびは、弊社ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

当社は、日本の税理士法人と社会保険労務士法人を母体とするコンサルティング会社です。海外現地法人は、香港のほかに中国本土、ベトナム、タイ、シンガポールに置いています。

香港は古くから日本企業が進出している地域というだけでなく、近年は中国の経済成長に伴い、お客様をサポートする機会が日に日に増えております。グローバル化を目指す日本企業にとって、香港に拠点を置くことは様々なメリットがあります。

他社事例も踏まえて貴社の香港進出を様々な角度からご案内をさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

当社の特徴

リーズナブルな設立費用と年間維持費用!

日本の中小企業の海外進出を支援するべく、設立費用だけでなく、香港法人の年間維持経費も安く抑えることができる報酬プランとなっております。

香港だけじゃない!中国も東南アジアも!

香港だけでなく、中国本土(メインランド)やベトナム、タイ、シンガポールにも現地法人があるため、日本、中国、香港、東南アジアの会計・税務・労務・法律への対応が可能です。

国本土へのサポートはこちらをご覧ください。

日本本社様への対応もお任せください!

日本本社の税務問題と密接な関わりがある香港投資ですが、弊社では税理士法人ガルベラ・パートナーズがタックスヘイブンや国際源泉課税、PE課税、移転価格税制などの国際税務について、日本と香港の双方から、ワンストップで対応しております。

2つの進出パターンに対応します!

ペーパーカンパニーの設立

中国本土とのCEPA協定を活用し、日本から香港を経由して中国に進出する場合や、香港で外国生命保険に加入する場合にペーパーカンパニーを設立し、リーズナブルな維持費で年間のサポートを行っております。

事業会社の設立

ペーパーカンパニーではなく、実際に香港で事業を行ったり、地域統括会社を設置する場合に、設立から会計、税務、労務までワンストップで対応します。日本と香港の両方の税法に強いのも弊社の魅力の一つです。

サービス紹介

お客さまの声

迅速な設立手続きに感激!

株式会社マルヤマ

当社は中国に会社を設立するために、前もって香港に法人を設立するべきかどうかを迷いつつも、ガルベラ・パートナーズさんに見積もりを依頼しました。その節は、大変お世話になりました。なにも分からずに見積もりを依頼し、香港法人のメリットとデメリットを説明いただいたうえで、最終的に香港法人の設立を決定しました。比較的急ぎの案件だったのですぐに設立をお願いしましたが、こちらの事情をよく理解していただき、早急な対応をいただき感謝しております。

相談事例

住所や秘書役って名義借りができますか?

比較的多いご相談事例 その1

日本では、レンタル衣装を手がけています。このたび香港でも同じような業務を進めようと考えていますが、最初からは社員を駐在させずに、出張ベースで市場調査を行ったうえで、拠点を決定したいと思っています。ただ、現地での経費なども発生するため、現地法人を設立しておきたいと思っていますが、香港法人の住所や香港在住の方が秘書役に就任(登記)しなければならないと聞きました。これらはどのようにすればいいですか?

(ご回答)

弊社のほうでご用意できますので、ご心配に及びません。香港は不動産が高くなっており、ビジネスの進捗にあわせて賃貸契約を締結すべきと考えます。また、秘書役については秘書サービスを行う会社が山ほどありますので、秘書役の登記のためだけに誰かを雇用するというのも、あまり例はありません。

お役立ち情報

関連サイト

中国本土への進出サポートはこちら

ベトナムへの進出サポートはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

東京:03-5405-2815

大阪:06-6535-8829

福岡:092-781-2131

<受付時間>平日9:00~18:00