香港法人の年間維持費や会社設立費用を安く抑えることができます!

香港ビジネスの専門家が日本と香港の両サイドでサポート

ガルベラの香港進出サポート

*東京 東京都港区虎ノ門3-18-16 虎ノ門菅井ビル7階
*大阪 大阪府大阪市西区立売堀1-2-12 本町平成ビル3階
*福岡 福岡県福岡市中央区天神1-15-5 天神明治通りビル8階
*香港 
3/F, World Trust Tower, 50 Stanley Street,Central
*上海 上海市長寧区仙霞路88号 太陽広場東棟5階
*深圳 深圳市南山区東浜路4351号 荔
源広場B座14階

東京:03-5405-2815  
大阪:06-6535-8828  
福岡:092-781-2131  
香港:852-3705-7858

営業時間

9:00~18:00(土日祝は除く)

香港での法人口座開設

香港での法人口座開設

海外に目を向けたときに「海外に法人口座を開設する」という選択肢もその一つです。
日本から海外の銀行口座を開設しようと考えると、多くの方が香港やシンガポールに銀行口座を開設しようと一番に挙げられます。

もちろんフィリピンやマレーシアなどの東南アジアの銀行口座も開設できますが、現在お持ちの資産を安全に、かつ、有効に運用しようと思うと、香港やシンガポールで口座開設した方が投資や資産運用で有利になる様々なメリットを得られます。

HSBC(香港上海)銀行

HSBC香港は、イギリスの4大銀行の一角を占め、1865年にイギリスの植民地だった香港で設立された銀行です。
現在は、世界76ヶ国に約10,000の支店を持つ世界最大級の銀行で非常に有名です。

HSBCは香港の発券銀行を兼ねてきており、まさしく由緒正しい金融機関といっても過言ではありません。
そしてHSBC香港は、
日本との縁の深い銀行で最も早く日本に進出してきた外資系金融機関の一つでもあります。

ハンセン銀行(恒生銀行)

恒生銀行は、香港の大手銀行の一つです。
本店はセントラルにあり、かつては香港最大の華人資本による銀行でしたが、現在はHSBCホールディングスの子会社として、グループのリテール部門で力を大いに発揮し、マカオやシンガポール、香港など中国本土で営業拠点を展開しています。

ICBC(中国工商銀行)

中国本土で最も資産保有額が多く、また支店も最も多い銀行で、世界最大の銀行です。本店は北京市で、香港ICBCは香港分行と呼ばれていますが、香港ではICBC ASIAという名称で展開しており、中国のICBCとシステムは連動していません。したがって、中国本土のICBC口座の手続きを香港で行うことはできません。

BOC(中国銀行)

1917年に中国銀行の香港分行として設立され、2003年に組織再編により香港に散らばる中国銀行系の金融機関10数社を統合し、中銀香港という名に変わりました。あくまでも香港の法人であり、中国本土の中国銀行とは法律上もシステム上も別運営で、連動していません。中国系では最も古くから香港で展開しており、香港ドル紙幣を発行する唯一の中華系銀行です。

China CITIC Bank(中信銀行)

中国国務院傘下の国営企業である中国中信集団公司(CITIC group)の中核銀行で、上海と香港で上場しています。本店は北京市で、香港には1987年に設立され、日本のみずほ銀行と提携関係にあります。

大新銀行

1947年に香港で設立された銀行で、本店はワンチャイにあります。大新金融集団の中核をなし、日本では馴染みは薄いですが、香港では大手金融機関の一角であり、法人・個人ともに手軽に口座開設ができる銀行としても知られています。ただし、最近はやや口座開設が厳しくなり、以前は通訳が同行できましたが、現在は同行できなくなりました。

香港での法人口座開設の現状

2016年4月のパナマ文章流出問題から香港での法人口座開設の審査が厳格化されました。

法人口座開設の審査では、「香港で口座を開設する必要性、事業内容、事業活動の実体、株主や役員の経歴」などを銀行担当員に対して説明しなければなりません。

その際に多くの企業が資料や書類の不足により法人口座開設が却下されています。

また、多くの日本人は英会話を苦手としており、最近では通訳の同行ができない銀行も増えており、その点がさらに法人口座の開設を難しくさせています。

当社の香港法人口座開設サポート

銀行口座開設 標準サポート

HSBC(香港上海銀行)、恒生(ハンセン)銀行、BOC(中国銀行)、OCBC(永享銀行)、ICBC(中国工商銀行)、大新銀行、DBS香港など、数多くの銀行口座の開設をサポートいたします。

HSBCとハンセン銀行は、現在、銀行口座開設の審査が厳しくなっており、また、面談までの日数、面談後の日数がともに非常に長くなってしまっております。

企業規模や進出規模により銀行口座を開設できる場合もありますので、ご相談に応じさせていただきます。

銀行口座開設7つの基本サポート
  1. 銀行から要求される必要書類のリストアップ
  2. 銀行予約の手配
  3. 銀行提出用 法人書類の認証一式(1セット)
  4. ビジネス証明などの書面確認
  5. 銀行質問シートの作成
  6. 銀行との打合せ
  7. ビジネス証明のアドバイザリー

オプショナルサポート

  1. 上記の基本サポートの後、銀行口座開設のアドバイスのご提供
  2. 行員との面談時の代行、通訳および銀行口座開設のためのアドバイザリー業務
    ※英語に自信のない方におすすめです。

銀行口座開設 成功報酬型サポート

諸事情により、貴社ご自身で事業証明のご準備ができない場合にご利用いただくサービスです。

成功報酬型サポートをご利用いただく場合は、業務開始時にデポジットをお受けします。

銀行申込み後2ヶ月を経過しても銀行口座が開設ができない場合は、デポジット額を返金いたします。

法人口座開設に必要なもの

口座開設に必要なものとしては以下です。
ただし、銀行員により求められる書類は異なる場合がありますので、以下の全てが必要でないこともあります。
一方で追加で提出を求められるものもあります。

  • 会社登記証明書(CI)の原本(※)
  • 商業登記証(BRC)の原本(※)
  • 定款(M&A)の原本(※)
  • 設立申請書(Form NC1)
  • パスポート
  • 運転免許証
  • 預け入れるお金(各行により要求が異なります)
  • その他、当社がアドバイスする資料(かなり色々なものがあります)

(※)コピーの場合は、公認会計士や弁護士などが内容に間違いがないか確認・サインをもらう
必要があります。また、厳しい支店の場合は香港法務局の認証書類が必要になります。

法人口座開設時の面談

法人口座開設時には必ず銀行員との面談があります。
面談では銀行の担当者に会社登記証明書(CI)、商業登記証(BRC)、定款(M&A)などを提出します。

口座開設時によく質問されること

  • 香港でどのようなビジネスを展開するのか?
  • 香港法人の従業員は何名くらいなのか?
  • 今後、従業員は採用する予定なのか?
  • 売上高はどのくらい見込んでいるのか?
  • 当該ビジネスのこれまでの経験年数はどのくらいあるのか?
  • 日本ではどのようなビジネスを行っているのか?
  • 日本ではどのくらいの売上高があるのか?
  • 日本では従業員は何人くらいいるのか?

面談を終え、口座開設が完了すると、すぐにパスワードと法人口座のキャッシュカードを受領します。
キャッシュカードのパスワード変更を行い、口座維持に必要な金額を預け入れれば、口座開設の手続きは全て終了です。

法人口座開設Q&A

ここでは、香港で法人口座を開設する際のよくあるご質問をご紹介します。

口座を開設するときに香港に行く必要はありますか?

香港に直接来なければ、法人口座は開設できません。

HSBC法人口座を開設するためには、必ず全ての取締役と株主が香港に来る必要があります。

香港IDや香港の就労ビザを持っていない場合はどうすればいいですか?

最初に開設できるのは、HSBCもしく恒生銀行に限られます。

香港IDや就労ビザを持っていない外国人の場合、HSBCグループの銀行以外に選択肢はありません。
また、中国やアジアにおけるビジネスの実績が無い場合、口座開設は非常に難しくなります。

日本法人が香港に法人口座を開設できますか?

ほぼ100%不可能といえます。

香港での法人口座を開設する場合は、香港政府の様式に沿った定款や登記簿謄本の英語版を用意する必要があります。
香港の現地法人を設立せずに口座を開設するよりも、日本法人の子会社として香港法人を設立し、その香港法人で申請したほうが遥かに安くなります。

依頼をすれば必ず法人口座を開設できますか?

100%の開設保証はできません。

香港法人に対して、香港の銀行は法人口座を開設する義務は全くありません。
口座開設するかどうかの最終決定は銀行が下しますので、他の人間が影響力が行使することはできなく、100%の開設保証は誰にもできません。

簡単に法人口座を開設できますか?

できません。

昔はよく租税回避に利用されていましたが、今は事業実体が無いオフショア法人に資金を入れて節税することは不可能になっています。
海外に法人を設立して節税するのであれば、事業実体を作ることが必要です。

無料相談・お問合せ

ガルベラの香港進出サポートサイトにお越しいただき、ありがとうございます。
無料相談・お問合せは、お電話またはメールにてお待ちしております。

よくあるご質問
  • 香港に会社を設立したい
  • 香港法人の口座開設をお願いしたい
  • 法人の記帳や決算をお願いしたい
  • 就労ビザや投資ビザを取得したい
  • 雇用契約書や就業規則を作成したい
  • 香港オフショア税制のことを知りたい
  • タックスヘイブンについて教えてほしい
  • 香港資産運用について教えてほしい

営業時間 9:00~18:00(土日祝を除く)
東京:03-5405-2815
大阪:06-6535-8828
福岡:092-781-2131
香港:+852-3705-7858

弊社を選定していただける5つの特徴

秘書会社ライセンスを保有

香港では、取締役と監査役のほかに、秘書役の登記が必要です。秘書役は香港に住所が必要ですが、会社が秘書役に就任する際はライセンスが必要です。当社はライセンスを有する香港政府公認の秘書会社です。

報酬がローカル並み

コンサルティング会社によっては、そのクライアントの大半が非事業会社ということもよくありますが、当社のクライアントは大半が事業会社ですが、非事業会社と同じ価格帯でコンサルティング契約をしています。

日本でも香港でもご相談が可能

当社は日本側は税理士法人、社会保険労務士法人、司法書士法人などが母体であり、日本と香港の双方で、香港の税務・会計・労務・ビザのご相談に対応が可能です。

銀行口座の開設に強み

弊社は、香港の銀行数行と懇意にしており、銀行口座の開設サポートを得意としております。最近は香港に会社を設立したものの、口座開設ができないという企業様が当社にご相談にいらっしゃることも多いです。

日本語対応が可能

当社は日本側は日本人担当者がご相談に対応します。香港事務所には日本企業に勤務経験がある、あるいは日本に留学経験がある香港人スタッフが多く、流ちょうな日本語で対応いたします。

お電話もしくはメールにて、お問い合わせを承っております。お気軽にご連絡下さい。

香港進出と税制をお考えの会社様は、ぜひ弊社セミナーへのご参加をご検討ください。

オススメサイト紹介

ガルベラセミナー

経営者が知って得する!
税務・労務・法務・海外進出の方法をご案内します

詳細はこちら

中国ビジネス進出サポート

中国の現地法人設立や許認可取得、香港中間法人、中国国内の組織再編など年間200件以上の実績

詳細はこちら

ベトナム進出サポート

企業視察、市場調査、現地法人設立、取得代行、銀行口座開設などをベトナムと日本でご支援

詳細はこちら

タイ進出サポート

タイでの法人設立、会計、税務、労務をサポート

詳細はこちら

アメリカ進出サポート

アメリカでの法人設立、会計、税務、労務をサポート

詳細はこちら

飲食店のアメリカ進出

アメリカ進出セミナー毎月開催!アメリカの飲食業界に精通したコンサルタントがご支援

詳細はこちら

国際労務.com

雇用条例を解説するとともに、弊社のひな形を使って貴社独自のルール作りをご支援

詳細はこちら